カードローンでの毎月の返済最低金額について

カードローンを利用して借り入れをすると、その後毎月少しずつ返済していくことになります。この時、借り入れ金額に対して、返済の最低金額というものが定められます。この最低金額は銀行や消費者金融によってそれぞれ異なりますが、30万円借りている場合は5000円~7000円、10万円借りている場合は2000円~3000円程度に設定しているところが多いようです。

こ最低返済額は、借り入れの残高によってスライドしていくため、最初に30万円借りた場合は毎月の返済額が7000円だったとしても、借入残高が20万円まで下がると5000円、10万円まで下がると3000円、という風に変化していきます。カードローンでのこのような返済額の仕組みは、残高スライド方式と呼ばれています。

毎月の返済額が減るとラクになったような気がしますが、返済額が減ることで借入期間は長引きます。つまりは、利息を支払う期間が長引くということでもあるのです。

キャッシングでの返済で利息を抑える最も確実な方法は、できるだけ早く返済すること。毎月の最低返済額が3000円であっても、決められた金額より少しでも多く返していくことで最終的な支払利息には差が生まれます。また、確実に返済したことで信用度も高くなり、本当に困った時に増額審査の申し込みに通りやすくなるというメリットもあります。