キャッシングの利用にあたっては総量規制の存在に注意を

消費者金融のキャッシングの利用にあたっては、総量規制に対象となっている点について理解が必要です。総量規制とは消費者が返済能力を大幅に超えるような借入をしてしまうことを未然に防ぐための規制で、この規制では消費者は貸金業者からの借り入れについては自身の年収の三分の一までの金額までしかお金を借りられない決まりになっています。

また、この総量規制は貸金業者からの借入金のすべてが対象となっているので、すでにどこかの貸金業者からの借入金があるような人の場合、その借入金の分だけ借入可能額の上限が下がることになります。そのため、そのような人が新規でキャッシングを利用した場合には、自分が望んでいる金額を借りられないというケースも生じてしまうこともあります。