高額な借り入れで約定返済額が減るものは注意!

銀行カードローンは、利用残高に応じて毎月の返済額が変わるというのが一般的です。最低返済額が2000円、10万円毎に2000円アップするというケースや50万円以下は10000円そして50万円ごとに金額がアップするものと様々です。

しかし、ここで注意したいことは高額な借り入れになった場合において返済額のアップ割合が低いものです。50万円以下で10000万円のものでも、以降50万円毎に5000円しかアップしないものがあります。結果的に利用残高は減り難く、低い金利で契約出来ても、返済期間が長期化するため、総返済額に大きな差が無くなってしまうケースがあります。

そのため、返済額のアップ割合が低いカードローンについては、返済期間の長期化を避けることが重要になっています。

利用限度額が高くなる場合、その分だけ返済能力があるため、短期間で完済できるように常に追加返済を行うのが肝心です。そして、低い金利だから安心という考えは見直す必要があると言えます。