勤務先への在籍確認を回避する代替書類!有効なものは?

銀行や消費者金融でキャッシング契約を行う際、審査時に勤務先への在籍確認は避けては通ることの出来ないものです。銀行の場合は、勤務先へ電話での確認がされ、代替書類に因る対応は困難です。しかし、消費者金融なら代替書類に対応しており、社員証や源泉徴収票、給与明細が利用出来ます。

しかし、追加提出することで有利になるものもあり、社会保険証や組合保険証は勤続期間を証明するものとして有効です。これらの保険証には、資格取得年月日が記載されており、その日付からどれだけの期間勤務しているか実際には把握できます。

社員証も同様ですが、手元に無い場合は源泉徴収票と保険証を提出するのがおすすめです。源泉徴収票や給与明細からは勤続年数までは確認出来ないため、より信憑性のある情報が記載された書類を提出することで在籍確認の電話を回避出来る可能性は高まります。